ミヤマクワガタ♂ ミヤマクワガタ♀
学名 Lucanus maculifemoratus ミヤマクワガタ(本土)
産卵難易度 ★★★☆☆ 飼育難易度 ★★☆☆☆ 累代難易度 ★★★★☆
主な分布 北海道・本州・四国・九州など他
採集方法 樹液採集・外灯採集共♂♀採れる 最近、こっちではあまり採れない。
説 明
♂の65mm以上はめったに採れないし70mm以上の物は特に貴重。
大体50mm前後が良く採れる。
♀は反対に大型(40mmUP)も比較的に採れ私の採集場所が変なのかそれとも地域的にそうなのか不明です。
特に♀は晩夏に外灯に飛来しやすくまた人気がないのか良く干からびて死んでるぞ。
顎の形で サト型 フジ型 エゾ型 と呼ばれており大変面白いクワガタ。
ちなみに地元では重箱って言ってた気がする
♀は顎が太く特徴的。全体に艶があり裏返すと脚の付け根が黄色(他の種は大体オレンジ)いのでわかるぜ。
成虫も幼虫も25℃超えたら死にやすい。温度管理が命。
飼育用品
@プラケース中又は大 A醗酵マットとケト土 B産卵木(朽木・コナラ) C昆虫ゼリー D1000cc前後の瓶
@ABCは夏場ならホームセンターでも売ってる。Dは100均か専門店で
飼育方法
飼育自体は夏場なら家の中でエアコン付けっぱなしの部屋に置いてエサやってればOK。(15℃〜25℃)
くれぐれも直射日光は厳禁。外で飼わないこと!
ケースにマットと転倒防止用の木などを入れとけば大丈夫!
♂はやや短気なので一つの入れ物に複数頭飼うと喧嘩する。
産卵にはホームセンター等で売ってる中プラケースか大プラケースが必要だ。
後は黒い色のクワガタ幼虫マット・それと朽木ってやつ買ってこいや。
朽木は袋に入ってる場合が多いから外から押して見て柔らかいやつか軽いやつ探せよ。

まずは朽木をバケツに入れて熱湯をかけて1時間ほどつけておくんだ。
それを1〜2日ほど陰干ししておく。
経ったら皮をめくる。(面倒なら皮をめくらなくてもいいけど)

その後、醗酵マットとケト土を衣装ケースなどに出して混ぜて触ってみてくれ。
軽く握って団子になるようだったらそのままでならなかったらなるまでマットを足してみて。

できた?

出来てたらケースの下から4cmぐらい堅く詰めるんだぞ。
手では難しいからハンドプレスってのを買うかスリコギ棒とかで固める。
その上に陰干しした朽木をいれて後は埋まるまで醗酵マットを入れる。
トントンとして上に木の皮とかキッチンペーパーとかで転倒防止対策しておく。
ひっくり返ったら起き上がれなくなって死んでしまう事があるよ。
ミヤマはすぐひっくり返るからな特に気をつけよう!
後は蓋をして1日置いておく。

1日経ったら

経ったら蓋を開けて♂♀1匹ずつとエサを入れてセット完了だ。
温度は15℃〜25℃ぐらいがいいぞ。
後は、乾燥したら霧吹きで加水(3〜5回ぐらいシュっとするんだ)してエサを切らさないのがコツ。
その時に♀がうろうろして上を歩いていたら温度が高すぎだぞ。
もっと涼しい所で管理するんだ。
セットして2ヶ月すぎた頃から幼虫が見えたりするはずだぞ。

幼虫は見えた?

見えなかったら失敗の可能性が高いぞ。
見えてたら成功だ!おめでとう。
そしたら親を出して1ヶ月ぐらいそのままにしておく。

1ヶ月経ったか?

経ったら新聞紙の上か衣装ケースにひっくり返してみる。
幼虫がいたかな?
この時に朽木もちゃんとほぐして見るんだ。
出てきた幼虫と卵をその時に分けておく。
わけたらなんか適当な入れ物で管理しておいてくれ。
卵はセットで使ったマットを入れて管理。
ついでに幼虫の数を数えよう。
そしてその数だけDの瓶を準備!

用意出来た?

出来たらAの醗酵マット(産卵の時と同じ銘柄がいいぞ)を産卵セットの時と同じぐらいに湿るように加水する。
ケト土は幼虫にはいらないので使わない。
それを瓶にいれていくんだ。
入れたら1日置いておいておく。
幼虫はセットに戻して管理。

一日経ったら

管理していた幼虫を瓶に入れる。(くれぐれも一つの瓶に1頭だぞ)

瓶は空気穴がない場合は自分で開けること。
開け方は電動ドリルで2〜3cmの穴を開ける。
蓋をしめる時にキッチンペーパーを挟むと変な虫も入りにくい。

後は3〜4ヶ月に一回醗酵マットを交換すんだ。
手順は同じ。
くれぐれも忘れて乾燥してたってのはなしだぜ。幼虫が干物になるからな。

醗酵マットも幼虫期間が1年以上あるから2〜3回ほど交換しなくてはならないので売ってないと困るだろ?
その場合ホームセンターで買いだめしておくか通販で専門店から購入する。

最初に幼虫を入れてから12ヶ月〜18ヶ月ぐらいしたら瓶ごしに蛹室っての作る。
そしたら触らないようにしよう。
これから変態する準備だ。
運が良ければ蛹になる瞬間が見られるぞ。これは飼育者の醍醐味の一つ。
蛹になったら後は羽化って行って成虫になるまで我慢だ。
蛹〜羽化まで1ヶ月ちょっとかかるぞ。

成虫になった?

なったら出したいだろうが自分で出てくるまで待ってくれ。
なぜかと言うとすぐには固まらないからな。
外は固まっても中は時間がかかるんだぜ。
ここで出してしまうと死んだり寿命は短くなって次の世代への繁殖が出来ないぞ。
クワガタは変温動物だから出しても10℃ぐらいの管理が出来るなら1ヶ月ぐらいで出してもOK。
普通は無理だよね。
次に形が大人になっても性成熟ってのに時間がかかるんだ。
大体、羽化から5ヶ月は必要。
寿命が長いのはいいけどミヤマは短いから気をつけよう。
早く活動させると性成熟する前に死んでしまうぞ。
自分で出てきたやつはもう性成熟してるからな。その見極めが簡単。
後は1ヶ月ぐらいエサを食べさせて最初から順番にやるだけ。
ちなみにクワガタは近親相姦とかOKだから気にしないで兄弟。姉妹で繁殖してみて。

文章にしたら長いけどやる事は簡単だから是非、飼育・繁殖してみよう。
温度管理さえ出来たら後は難しくないから工夫しましょう。

ではでは♪
やなぎのクワガタ
inserted by FC2 system